【えんじゃく、】お燗・日本酒に感動できるお店紹介!@池尻大橋

こんにちは!ひとり飲みを愛する、みちゅ@日本酒ガール(@michu_osakegirl)です。

本日は、池尻大橋駅から徒歩5分「えんじゃく、」さんをご紹介します!

みちゅ
大好きな池尻大橋にこんな素敵な場所があるなんて…!お燗に感動して、日本酒のことを改めて好きになりました。

今回は、Twitterで知り合った方と女子ふたり飲みをしてきました!

お店情報

えんじゃく、

  • 〒154-0001 東京都世田谷区池尻3-19-3 ベルエア 2F
  • 電話番号 :03-6805-4070
  • 営業時間 :18:00~24:00(L.O.23:00)
  • 定休日  :不定休
  • 公式サイト:https://www.facebook.com/sakeenjyaku/

えんじゃく、の外観は、こちら!

246沿いにある建物の2階。外には看板もなく、前を通っただけでは日本酒が飲めるお店とは、ちょっと気付けないかも…!

知る人ぞ知る隠れ家的な雰囲気です。

えんじゃく、の店内の雰囲気は?

店内はナチュラルでとても素敵な空間。全てカウンター席でひとり飲みも行きやすい印象でした。全部で13席あります。

広々としていて、とても過ごしやすいです。

えんじゃく、の日本酒を紹介!

日本酒のメニュー

どの日本酒も半合から頂けるのは嬉しいですね!そして今回も見たことのない日本酒が勢揃い…!

こちらのメニューに載っているものは基本的にいつも揃えていて、他にも色々あるそうです!

みちゅ
ということで、最初は甘めの日本酒でおすすめをお願いしました!

お洒落な可愛いおちょこで、乾杯!

酔右衛門(よえもん)

甘くて美味しい!でも、重くはなくてすいすい飲めてしまう味わいでした。

るみ子の酒

続いては、こちら。珍しいネーミングに惹かれて頼んでみました。ラベルのデザインが漫画みたい!

少しキリッとした印象でした。

長珍(ちょうちん)

「こういったのはどうですか?」とお試しで少し出して下さったのですが、本当に美味しくて感動!

あまりの美味しさに同じものを頼むことに。

個人的には、ローストしたヘーゼルナッツのような香ばしさがあり、今までに飲んだことのない日本酒の香りと味わい。そして少し温めることによって、香りがさらにふわっと広がり、一気にお燗の魅力に引き込まれました。

こんな味わいの日本酒があるんだ!と、改めて日本酒が好きになりました。

人によっては「癖がある」と感じる人もいるかもしれないけれど、わたしは今まで飲んだ日本酒の中で一番好きかも。何度も繰り返しになってしまうけど、本当に感動しました。

日本酒の新しい世界に踏み込んだような、そんな感覚。

えんじゃく、の料理を紹介!

料理のメニュー

店内の雰囲気や器などもそうですが、料理も全てお洒落!どれも美味しそうで本当に迷ってしまいます。

そして読めない・難しい漢字も多いなぁと思っていたところ、お客さんと会話が生まれるように、あえて漢字の表記にしているとのことでした!確かにわたし達も読めない漢字を聞いて会話が生まれたし、そういうきっかけがあるのっていいですよね!接客も素敵!

お通し

豆皿がとても可愛い。そしてどれも美味しい。お通しから素晴らしい料理を提供して下さるのって本当に嬉しいです!

牡丹海老の日本酒漬け・850円

日本酒漬けって珍しい!わたしは初めて頂きました。

長いもとトマトの冷やし鉢、土佐酢ジュレ・750円

暑い日でもさっぱり食べられる一品!

いちじくとブルーチーズのオーブン焼き・850円

心からおすすめしたいのはこちら!癖が強すぎるブルーチーズは苦手で食べられないのですが(だけど頼んでみるというチャレンジ!)香りは好きなんです。

味に癖はなく、でも香りをふんわりと感じられる。ブルーチーズの良さが際立っていて、絶品でした!

えんじゃく、の感想まとめ!

「お燗の魔術師」と呼ばれる、高木さんのお店。

日本酒の楽しみ方の幅を広げたい!日本酒のお燗の魅力を知りたい!そんな方々におすすめです。

全てカウンター席なので、ひとり飲みにもぴったりです!わたしも次回はひとりで訪れてみたいなぁ。

みちゅ
改めて日本酒が好きになったり、日本酒の新しい世界・魅力を知ることができた、そんな日になりました♡

幸せな時間をありがとうございました。

えんじゃく、

  • 〒154-0001 東京都世田谷区池尻3-19-3 ベルエア 2F
  • 電話番号 :03-6805-4070
  • 営業時間 :18:00~24:00(L.O.23:00)
  • 定休日  :不定休
  • 公式サイト:https://www.facebook.com/sakeenjyaku/

コメントを残す